私は、以前お世話になったことのある60歳を過ぎている大先輩と食事を一緒にする機会がありました。

その方は、もう仕事はリタイヤされていて、今は自分の趣味の読書を楽しんでいると話してくれました。

その方は、10年ほど前に知り合ったのですが、その時から元気な方でした。

その方の話を聞いていると、数ヶ月前に肺がんが見つかって、入院をされていたと言うことを聞き、こちら側はとても心配したのですが、ご本人は、「入院中は病院の食事がまずいから、全部食べたと嘘の申告をして、売店で好きなものを買って食べていた。看護師さんがみんな可愛いから、自分が薬を塗れる場所でも、届かないと言って看護師さんに塗ってもらってた。」などと、周りの私たちを笑わせてくれるお話をしてくれました。

こんな風にして、周りの人をいつまで経っても笑わしてくれる人というのは凄いなと、私は尊敬しました。

私だったら、ガンになったと言うことでショック受け、もっと凹んでいると思います。

その方は、今の人生を楽しまないと損だ、と言う考えの持ち主なので、どんなことに対しても真剣に取り組み、楽しんでしまうという事です。

私は、どちらかというと、将来のことにたいして「うまくできるかな、大丈夫かな」と気になってしまう性格なのですが、その方の話を聞いていると、もっと色んな事にチャレンジして、人生を楽しみたいと思えます。

自分以外の人の話を聞くと言うことは、とても勉強になり、良い刺激になります。