毎日の通勤の電車の中皆さんは何をしているでしょうか。
寝てる方もいると思いますし、携帯をいじっている方もいると思います。
どんな過ごし方もそれぞれ良さがあるのですが、私は読書をしています。

読書をしている理由は通勤中の睡眠はもったいないと思ったからです。
寝ないですることといえば携帯を見ているか読書しているかとなります。
携帯いじっているとついスマホゲームに走りそうなので、私はずっと読書をしています。

読書をしていてよいことはどんな本でも一定の学びがあることです。
参考にすべき部分とあまり参考にならない部分は当然あるものの、何かしらの学びを得られることが多いと思います。

ただ朝一ですし、選択式の内容が書いてある本やあまり難しい本は読まないようにしています。
これにも理由があって選択することが問われる内容のある本の場合、読み進める中で自分自身で選択しないといけません。
物事の選択、及びこうだという決断をすることは疲れるということが心理学の研究で明らかになっていますので、仕事前に疲れてしまってはベストパフォーマンスで仕事を迎えることができないからです。

また、難しい本というのも似たことで頭を使わなければいけないものだと脳が疲弊しますから、仕事開始時にマイナスになることがあります。
ですので比較的簡単なものを読んでいます、いっそのこと漫画とかでもいいと思っています。

通勤時間の読書は何かしらの学びを与え、有意義な時間としてくれます。
皆さんも読書で朝から何かしらの学びを得る生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。