日本のプロ野球、メジャーリーグでいろいろな大記録を打ち立ててきたイチローさんは「びっくりするようなプレイが勝ちに影響を与えることは少ないが、確実にこなすべきプレーが確実にできるようなチームであればそれは強い」と言ったことがあります。
これは実は仕事においても同じようなことが言えるのではないか?と思うのです。

一発当てるようなことがあったとしても、その後その会社が長続きするとは限りません。
何も当てられないよりは良いかもしれませんが、一発当てることに躍起になって、目の前の当たり前の業務が疎かになるようなことがあれば、それは問題だと思います。
当たり前にこなすべきことができないということで、取引先などの信頼を失うことがありますから。

つまり、会社というのは評判が一気に上がったとしても、それが長続きするとは限りません。
しかし、評判が下がると、それを回復させることは非常に難しく、いかに信頼を失わないか?という点を念頭に置いて仕事をしていくべきだと思います。

だからこそ、一発当てるとか、ものすごいヒット商品を生み出すということも必要なことではあるものの、それに集中しすぎて、目の前の業務が疎かになってはいけないのです。
私は日常的な業務にもしっかりと集中し、当たり前にやるべきことに絶対にミスが生まれないように、会社の信用を落とさないように、そこをまず頭に入れたうえで、それ以外のことを考えていきたいと思っています。