皆さんは、他の部署、他の会社の方と会議を行う際にどれだけ相手の名前を呼ばれていますか?

会議は、物事を決め、進める上で重要です。その会議には複数の方が参加されます。複数の方が参加されると言うことは、多くの方とコミュニケーションを取ることができる絶好の場となるのです。

私は、今まで会議において、出席者の名前を呼び問いかけることがありませんでした。

そんな私が会議で名前を呼ぶ重要性を感じたのは、ある人(Aさん)との会議での出来事でした。

ある人(Aさん)と同席する会議において、Aさんは必ず私の名前(B)を呼びかけてこられていました。
「Bさんはどのようにおもいますか。」
「Bさんは同じですか。」
初めは、この人は変わった人だなと思っていましたが、呼びかけ続けられるうちに会議が終わった後にも話をする機会が増えました。
また、名前を呼ばれることで、この人は私のことを気にしてくれていると感じ、Aさんと私の間では信頼感が増しました。

職場内ですれ違った際に、Aさんを見かけるとすぐに話をかけ、仕事の話や、プライベートの話を積極的にできるようになりました。

私はこのことをきっかけに、会議で相手の名前を呼ぶことに気をつけるようになりました。

このように、何気ない一つの発言、行動を起こすことで、相手との関係をより深めることができるのです。
普段、会議で名前を呼びかけることが少ない方は、相手の名前を意識して呼んでみてください。

そうすることで、コミニケーションが取れるようになると思います。