仕事をしている中でどうしても部下を叱った方が良い、注意した方が良い瞬間があるのではないでしょうか?
部下を持つようになると、どうしてもそういう瞬間は少なからずあるのではないか?と思います。

しかし、他人を叱ることに慣れている人とそうじゃない人がいます。
そして、慣れていない人は特に他人を叱ることに抵抗があり、叱ることは必要だと思っていても、部下に嫌われるのではないか?という不安があると思います。
そういったときに重要なのは叱り方のテクニックです。

つまり、叱っている状況でも、叱っているようには見えないような方法もあるのです。
例えば、「お前はあんなミスがなければ、すごい仕事できる人間って見られるのになー」みたいな感じで伝えると、ミスを指摘しているのに、ちょっと褒めているような感じにも映ると思います。

同じことを伝えるときにも、言い方を工夫することで人の印象はかなり変わります。
そして、印象が変わるということは自分が叱られても、その叱ってきた相手を悪く思わないということも多くあると思います。
だから、そういった感じで伝え方をちゃんと考えたうえで実行すれば、相手から嫌悪感のようなものを抱かれづらくなり、結果的に叱るのが怖くなくなります。

私は部下を叱るような機会がこれからあれば、そのときには相手を評価しているような言い方を心掛けたいと思います。
そうやって叱ることをに躊躇いを感じないような工夫をしていきたいと思っています。