みなさんは、コンプレックスをお持ちでしょうか?
先日、私の実家である大阪に帰省し、その際に旧友たちと久しぶりに会う機会がありました。
昔話に花を咲かせてひと段落すると、彼らは口を揃えて私のおでこが広くなったと言いました。
32歳というまだまだ敏感な年齢です。私も実は少し気にしていたことを言われたのですが、ムキになるのも大人気ないと思い、『そうかなー?もう32歳だからねー!みんな早かれ遅かれでしょ!』という風に当たり障りなく返しました。
話は戻りますが、私のコンプレックスとはおでこが広くなってきたなどというものではありません。
ソフトバンクの孫正義さんに対するコンプレックスです。
ある時彼は自身のツイッター内で、心ないフォロワーから禿げ上がった頭をいじられました。
そこで天才的な切り返しを見せます。
『髪の毛が後退しているのではない、私が前進しているのだ』と。
これほどまでにユーモラスで、機転が利いて、愛に溢れた切り返しを私は知りません。このツイートは数多くの人から賞賛されています。
彼はなぜこのように返せたのか。それは恐らく、等身大の自分を愛しているから、等身大の自分に自信を持っているから、何よりも客観的に物事を見れているからだと思います。
私たちの日々の業務におきましても、様々な困難な質問や問い合わせに対応が苦戦することがあると思います。そんな時、この時の孫正義さんのようにマイナスをプラスに切り返せるように、日々頭を柔らかくしながら広い視野をもって行動していくように心がけましょう。

以上です。