普段、料理をされる方もいらっしゃると思いますが、料理好きの友人から教えてもらった食材の無駄をなくす方法に思わず納得してしまったので紹介します。

私もどちらかと言うと料理は好きな方で、料理をしていくにつれ、段々と作るメニューの幅も広がり、見栄えも意識して彩り豊かな薬味や健康に良いとされる食材、例えば雑穀米やきのこ類、海藻類も積極的に取り入れるようになりました。

ただ、ハマればハマるほど調味料にもこだわりだし、結果的にあまり使用しないまま賞味期限がいつのまにか切れていたものも少なくありません。また、普段料理をしない人が料理嫌いな理由の1つにも、「せっさく調味料を買ってもたまにしか使わないから賞味期限が切れてもったいない」ということが挙がると思います。

私は粒マスタードや塩こうじなどの調味料をほぼ使わずに無駄にしてしまったことがあります。レシピに載っていたからと購入して一度だけ使ってそのままお蔵入りです。

それを防ぐために友人から教わったのが、「
定期的に調味料の賞味期限を確認して、残り日数が少ないものを、ネットの検索ワードに入れてレシピを検索する」という方法です。

野菜や肉を検索ワードに入れてレシピを探し出すことはよくあると思いますが、調味料をまず入力してそこからメニューを探すという方法に、「なるほど」と思わず納得してしまいました。

例えば「粒マスタード 炒め物」 「塩こうじ 肉」ていう感じで、今はとても便利な時代なのでスマホ1つで山程レシピが出てきて選び放題です。

定期的に期限を確認するという作業前提ではあるのですが、調味料の他にも、刻みのりやすり胡麻などの薬味も含めて私は食品の無駄使いを無くせたので、もしもご自宅に眠っている食品がある方はこの方法を実践してみてください。

思わね素敵なレシピに出会えるかもしれないです。