私の長男は小学校1年生からサッカー始め、大好きで大学生の今でも続けております。
しかし、勉強は苦手で高校進学も心配するくらいの学力でした。それを知ってか知らなくてか中学時代の指導者は長男に対し、「お前は勉強が嫌いならサッカーだけやっていればいい、それで大学まで行けるから」と言っていました。正直サッカーの実力もそれほどでもないし、なにより本当に勉強しなくなるからそんなことを言うのはやめてほしいなと思いました。

それから中学3年になり、コーチから紹介を受けてた東北の高校に練習参加させて頂きました。独特のスタイルでサッカーをしている学校でしたが、本人が気に入りその学校を受験することに決めました。15歳で親元を離れ寮生活、サッカーも強豪高校でしたので全国から上手い選手が集まり、続けられるのか不安でしたが、寮生活にも学校や部活も楽しんでいるようでした。近くに親がいなく、私生活でも自分のことは自分でするという習慣が身につくにつれ、成績も上がってきているようでした。

3年になり進学か就職かという時期になり、私は勝手に勉強も嫌いだし就職するのだろうと思っておりましたが、本人から進学希望と聞かされ、先生からも問題ないと聞かされました。結果は無事合格。
数年前の指導者の言葉が現実に、けしてサッカーが上手くてサッカーで進学したわけではありませんが、サッカーを続けることにより掴んだ環境、経験が活かされたのではないかと感じております。