みなさんは、何か資格を持っているでしょうか。

将来のため、はたまた趣味として、資格を取ったり、取るためにいろんなことを調べたりしている人は多いです。

インターネットで資格について調べると、それだけで莫大な情報が流れ込んできますから、何の資格を取るのがベストなのかわからなくなってしまうことがありますね。

そんななか私は、行政書士試験を受験し、合格して、それがとても良かったと思います。

まだ行政書士として開業はしていないのですが、受かる受からないはともかくとして、この試験を受けることで社会に対してのアプローチの仕方が変わってくるというのを感じます。

具体的にいうと、憲法や民法や行政法の基礎を勉強することで、世の中がどうなっているのか法律の観点からざっくり見渡せるようになります。

また、一般知識対策の勉強をすることで、現代社会の一般常識をブラッシュアップすることができます。

一般常識というのは、わかっているつもりでも意外と知らないこともあったりするもので、この試験をきっかけとしてさまざまな情報に目が向くようになるのは素晴らしいことだと思います。

何をしたらいいのかわからない人、法務に興味がある人は、行政書士試験や行政書士資格について調べてみるのも良いと思います。

仕事に直接使わなくても、趣味として資格取得をするというのは前向きでとても良いと思います。

いくつになっても勉強を続けるのはとても良いことですから、ぜひ挑戦して欲しいです。