私が理想としている上司は部下を思いやれる上司です。

具体的にあげるとするならば、私はプロ野球が好きなので、プロ野球の監督で言うなら日本ハムの栗山英樹監督と、ソフトバンクの工藤公康監督です。

なぜかと言えば、栗山監督と工藤監督は試合で負けた時も余程の事がない限り選手のせいにしないからです。

代表的なコメントを挙げるとするなら日本ハムの栗山監督は、
「こういう結果になってしまった事は全て俺の責任。」
と言い、ソフトバンクの工藤監督は、
「時にはうまくいかない時もあるからとにかく切り替えて。」
というメディアを通じてのコメントが目立ちます。

ただ、試合で活躍するのは監督ではなく選手ですし、栗山監督や工藤監督もベンチ裏ではミスした選手を叱責してる可能性も大いにあると思います。

しかし、それをメディアなどを通じて明るみにはほとんど出さず選手の立場を守ってやる事で、ミスを犯した選手も、
「ここまで選手の立場を思いやれる監督はなかなかいないし、次は必ず挽回して秋には監督を男にしたい。」
というような意気込みが生まれるのではないかと私は考えます。

私自身も学生時代野球をしておりましたが、初めてレギュラーとして公式戦に出場して大量失点な繋がるエラーをした事がありますが、その時当時の顧問から、
「緊張してたのか?今日はお前を途中で交代させる事は考えてないし、落ち着いてやればできるんだから思い切ってやれ。」

と言われ、その試合は結局負けましたが、その後は私自身は緊張がほぐれて打撃でもヒットも2本放つ事ができました。

それは職場の人間関係においても同じです。

ミスを部下のせいにして厳しく叱責するだけでは部下も会社全体も成長しません。

部下を思いやり、なおかつ上司である自分自身もそのミスの中でいろいろ勉強していく事が部下や会社全体の成長にも大きく繋がっていくのではないでしょうか。