皆さんが、仕事を進めていくにあたって、自分自身が持っているスキルに不安を覚えることがあると思います。

「最近仕事はうまくいっている、でも自分自身は成長していないんじゃないか?」
「同期の誰それが出世したらしい、自分は出世できるのだろうか」

そんな時に、不安から自己啓発に励もうとする人は多いのではないかと思います。
しかし、その自己啓発が自分がゴールにしたいものとマッチしていなかったら何の意味も持ちません。

例えば、分かりやすい例でいくと「資格」ですね。
TOEICやMOSなど、資格を取ると自分自身がスキルアップしたような気分になります。
でも、待ってください。その資格をつかってあなた自身が「何を」したいか明確になっているでしょうか。

ゲームに例えるとわかりやすいです。
あなたはあるロールプレイングゲームの主人公(勇者)です。これから「とても強いボス」を倒しに行かなければなりません。
装備は3つまで選べます。あなたなら何を選びますか?

実際に考えてみてください。
伝説の剣・盾・拳銃・手りゅう弾・・・・皆さん3つ思い浮かんだでしょうか。

では、例えば剣と盾と鎧を身に着けてボスのもとにいったとしましょう。
ボスを目の前にしてびっくり、実はボスは・・・「幽霊」だったのです。
あなたが今身に着けた剣や盾は役にたちますか?モンスターだったらまだしも、幽霊にはききませんよね。
幽霊だったら、お札だったり、はたまた退魔の呪文だったりがひつようなはずです。

仕事で身に着ける資格・スキルも同様で、自分自身が何を目指していきたいか、何をゴールにするかによって、
身に着けるものが変わってきます。
そのため、まずはゴールを明確にすること、これが仕事をする武器を身に着ける第一歩になるのです。