人が失敗をするときというのは、心が動揺しているときというのが1つの原因としてあると思います。
人は気持ちを揺さぶられると、冷静な対処ができなくなり、結果的に失敗をしてしまうのです。

これはビジネスでも同様であり、いかに動揺しない心を作るか?ということを考えるべきではないか?と思います。
物事に動じない心を作ることができれば、それはいざというときに失敗しないということにつながるはずです。

例えば、人は何らかの失敗をしたときに動揺するのではないか?と思いますが、失敗をして動揺すると、さらなる失敗をするという悪循環に陥ることがあります。
しかし、動揺しない心があれば、最初の失敗で食い止めることができるので、そこを突き詰める必要があると言えるのです。

そのためには失敗するかもしれないという想定が必要です。
失敗をしないように努力をすることが重要というのはあるにせよ、失敗を確実に避けられる人はいません。
つまり、現実的にやるべきことはどういう失敗が想定されるのか?そして、失敗したときにはどういう対処をすれば良いのか?をあらかじめ考えておくことなのです。

失敗して動揺してしまうのは失敗をするかもしれないという想定がないから、失敗したときにどのように対処すれば良いのか?分からなくなってしまうからでしょう。
私はそういう部分の想定をして、常に失敗するかもしれないという意識と失敗したときの行動マニュアルのようなものを頭に入れておきたいと思っています。