仕事に取り組む際に、頑張るということは確実に必要なことと言えるでしょう。
それは大前提であり、全員がその気持ちを持っておかないといけません。

しかし、正しい頑張り方ができているのか?という点に関して考えたことがあるでしょうか?
頑張ったとしても報われないということが実際にありますけど、そのようなケースはまさにこのパターンに当てはまっていると言えます。
つまり、頑張ったのに報われないのは、頑張り方を間違えているからという説明が可能です。

だから、頑張っている状況において、もしかして私の頑張り方って間違えてたりするのかな?という意識になれない人は、頑張っても結果がついてこない可能性が考えられます。
結果を出すためには自分自身を疑う必要があり、自分がやってきた頑張りは正しいのか?について、自分で考え直すことが場合によっては大切です。
そのためには自分の頑張りの成果に関して定期的にチェックをしていく必要があります。

自分の頑張りが実になっているのか?成果としてちゃんと表れているのか?を確認して、問題なければその頑張りを続行し、問題があれば頑張り方を変えようか?と考えていきましょう。
私は仕事に取り組む際には常に全力を尽くしていくことは頭に入れていきますが、自分の頑張りそのものに関しての検証を定期的にしていきたいと思います。
成果の確認をしながら、自分のやってきたことは正しかったのか?ということを考える時間を設けていきたいのです。