はじめて会うひととの会話は苦手です。相手のことを知らずにどんなことを話せばいいのか頭に思い浮かぶものがありません。

とりあえずの、簡単な自己紹介を終えたあと、もしくは自己紹介の中に自分の趣味を織り混ぜてほしいと言われたときはどきりとします。

社会人になって、仕事と家の往復ばかりしていた私は何かに熱中することから離れていたからです。誰かと共有したくなる趣味は見つからないかな、とか習い事をはじめてみようかなとも考えていました。

ところが、誰かと共有したくなること、まず、そんな他力本願みたいな他人任せの選び方で良いものなのかと疑問に持ちました。

確かに、誰かと一緒に喜んだり、帰りにランチてきる仕事の利害関係が少ないひとを増やせたらこれほど楽しいことはありません。

私の頭の中に浮かぶのは、サッカーなどのスポーツです。やったことがないから、社会人になってからじゃ難しいでしょうか。ルールなど覚えることもたくさんありそうです。なので諦めました。

次に、習い事をはじめようと考えました。近所のカルチャーセンターや英会話の教室を検討しはじめましたが、カルチャーセンターでは、主婦向けがメインで時間的な問題があり、英会話も時間やお金が意外と大変です。

そこで、最終的に私が出した結論は、テーブルゲームでした。ルールを覚える手間はありますが、本などから自分のペースで勉強できること、飽きたらすぐにやめられる手軽さが魅力です。

頭の回転力が上がったら人狼もしてみたいです。