個人によって多少の差はあると思いますが家族は必ず生活に関わってくることだと思います。

私自身も普段は家族の存在について何も考えた事はありません。むしろこれが幸せだと言われる所以かもしれませんが、今一度家族の存在について考えてみることにしました。

まず、私自身が仕事をする理由について考えてみると、恥ずかしながら自己実現のためのスキルアップと言うよりもむしろ家族を養っていくために必要なお金を得るためと言うのは1番に上がってきます。

そして、仕事でもプライベートでも嫌なことがあったときに何よりも相談に乗ってくれ、最終的にはいつも私の立場になって考えてくれるのも家族です。もちろん今は思春期にあって2人の娘たちは同じようにはいきませんが。

私にとって家族は良き理解者であり、働くための糧になっているのは間違いありません。

そして、このように家族が自分にとってどのような存在かは人によって大きく変わってくるはずです。しかしながら、友人や同僚先輩後輩との関係を踏まえても最終的には家族が最後につながりが1番深いと思います。

ですから、自分にとって家族はどのような存在であり、どのようにこれから関わっていくのかを明確にしておけば、本当に大切にしなければいけないと理解することができるでしょう。

ときには自分自身にとって家族はどのような存在かを考える、そのような時間をとって家族を大切に考えることを意識してみてはいかがでしょうか。