社会人にもかかわらず「今から本気で頑張ればなんとかなりますか。」という質問をしてくる人たちはいます。しかし、このような質問は質問自体に意味がないのです。なぜならば、すでに質問の答えが初めから決まっているからです。

もし、この質問に対して私が「そんなの無理だよ。」などという答えを質問者は求めていなく、質問者は「今からやればなんとかなる」という答えを求めているのです。ですから、この質問自体に意味がないと私は言ったのです。

しかし、このような質問をした人の感情としては、その質問に対して励ましてくれることを望んで、そのようなことを口に出しただけで、上司から厳しい現実を口にしてほしいわけではないのです。

つまり、部下からこのような質問になっていない質問が出てきたときには上司が部下のやるべきことを軌道修正させたり、部下のやる気を鼓舞させるのが上司の役割となるです。

つまり、上司とは部下に対して正しい答えを出すのではなく、部下の間違いをただすのでもなく、部下がたとえ言葉足らずであっても、その行間をくみ取り、やるべきことを部下にやらせるのが仕事なのです。

もちろん、優秀な人たちだけで構成されているような企業ではこのような低レベルなことをいう人はいませんし、人に何かを聞く場合そのほとんどが仕事の確認になるのです。しかし、大半の普通の人たちしかいない企業の社会人はあまり優秀ではないので、上司は部下の能力を嘆くのではなく、そのような部下でも力を発揮できるようにならなければいけないのです。