株式投資と言いますと株式投資を実際にはやったことのないけれど、書籍などである程度投資の知識を吸収した多くの人たちは、一度株式を購入したらその株を持ち続けて配当金をもらい続けた方が得ではないかと考えるようです。

確かに投資した企業が成長し続けているのならば、株価も右肩上がりになるでしょうしその企業が配当金を出しているのならば、配当金をもらい続けてなおかつ企業の成長の恩恵も受けることができるので、そのような投資方法は間違った投資法どころか優れた投資方法だと思います。

しかし、ここで少し立ち止まって考えてほしいことがあります。では、成長し続ける企業というのはどうやって探せでいいのでしょうか。アメリカの著名な投資が購入して保有し続けている株式と同じ銘柄を購入してそれを保有し続ければいいのでしょうか。

一見すればこの方法は理にかなった方法に見えます。しかし、そこには大きな落とし穴があります。それは、あなたが関心を寄せて購入した株式というのは彼らが保有して続けている銘柄かもしれませんがそれは彼ら投資している一企業に過ぎないという事実があるのです。

つまり、彼らが保有している株式というのはあなたが購入した一銘柄だけではなく、他に多くしている株式の一つの銘柄に過ぎないからです。

ですから、あなたが彼らのまねをしたい思ったのならば、彼らが保有している一銘柄をまねるのではなくポートフォリオをそのまま真似なければならないのです。