「ドーハの悲劇」という出来事は、サッカーファンならば誰もが知っているでしょう。
これはワールドカップ初出場がかかっていた当時の日本代表がイラクとの試合において、勝利目前で同点に追いつかれ、初出場を逃したというシーンです。

ワールドカップ初出場という悲願がいよいよ達成されようとしていたときに、後半ロスタイムに得点を決められ、一気に地獄に落とされたような印象深い瞬間だったと言えます。
日本代表からすれば、なんのために4年間頑張ってきたのか?と思えるような出来事であったと言えるでしょう。

しかし、その4年後に日本代表はついにワールドカップ初出場を果たします。
4年前に地獄のような瞬間を味わったにもかかわらず、彼らは見事目標を達成したのです。

ワールドカップ初出場が目の前に迫っていて、それを逃すというとんでもない失敗をしたにもかかわらず、後の日本代表はモチベーションを切らさずに4年間を戦ったわけです。
この気持ちというのは非常に大切なものではないか?と思います。
決して諦めないという姿勢が存分に感じられる部分あり、そういう気持ちがあったからこそ結果的にワールドカップに初出場を果たすことができたのでしょう。

私は仕事に取り組むにあたって大きな失敗をする可能性がありますが、仮にそんな状況に遭遇したとしても、決して気持ちを切らさないようにしていきたいです。
今後に待ち受けているであろう大きな成功を目指して、モチベーションを維持して仕事を頑張っていきたいと思います。