現実社会では、一攫千金を狙っても無駄だと分かっていても、一般市民は夢を持ちたくなるものです。
そこで、趣味として宝くじを購入する人が非常に多くなっています。
その宝くじの中に、1口200円の「ロト6」があります。

ロト6とは、数字選択方式の宝くじのことで、1から43までの43個の数字の中から、任意で6個の異なる数字を選択します。
その数字と抽選数字との間で一致している個数によって、1等から5等までの当選が決まります。

1枚の申込カードで最大5通りまで申込めるようになっており、最大で10口まで購入できます。

数字上では、1等の当選金が2億円という高額になります。
また、宝くじで初めて、当選金が繰越しされる「キャリーオーバー制」の導入されたのがロト6です。
キャリーオーバーされると、最大6億円になります。

なお、抽選される数字は当選番号の6個の数字の他に、2等の当選に使用される1個のボーナス数字があります。

数字の組み合わせは43個の数字が6つあるため、全てが一致する1等は約609万分の1の確率になります。
そのためか、1等はキャリーオーバーになることが少なくありません。

同様に、一致する数字の数から確率を割り出すと、2等は約101万分の1、3等は約2万8,000分の1、4等は610分の1、5等は39分の1になります。

そこから、当選本数と当選金額が予測できます。
・1等は1本で、2億円
・2等は6本で、1,000万円
・3等は216本で、30万円
・4等は9,990本で、6,800円
・5等は15万5,400本で、1,000円になります。