女性に趣味を聞くと、『ショッピング』と答える人が少なくありません。
そのショッピングでよく購入されるのが、洋服、靴、そしてバッグです。
そして最近、女性がよく持ち歩くバッグに、「帆布」でできたトートバッグがあります。

帆布というのは素材の名前ではなく、綿や麻などの自然素材を「平織り」にした、厚手の丈夫な生地のことを総称して帆布と呼んでいます。
帆布は明治の頃には、人力車の幌や、車夫の雨合羽などに使われていました。

ちなみに、「綾織り」の生地は帆布とは言いません。

平織りは縦糸と横糸を十字に、交互に織り込んでいきます。
平織りは目が詰まっているためにほつれにくく、且つ丈夫ですが、織り方の効率は悪くなります。
一方、綾織りは縦糸を横糸に対して1本おきに織り込んでいきます。

帆布は生地の厚さによって号数が決められており、1号から11号まであります。
数字の小さい方が厚手の生地になります。

一般的にバッグに使われるのは4号から6号です。
当然、生地の厚い方が強くなりますが、防水面に難点があります。

ちなみに、生地の厚さは、綿糸をより込んで作った織り糸の太さで決まります。
糸1本に使われる綿糸の数が多ければ太く厚い生地になり、少なければ細く薄い生地なります。
糸が細いほど織った時に目が詰まるため、防水性が高くなります。

バッグに使うには防水性が重要になりますが、実は帆布は生地自体に防水効果があります。
綿糸が水を含むと膨らんで目が詰まるため、水を染み込まなくなります。
さらに、糸そのものにパラフィン加工という蝋を染み込ませる防水加工が施されています。