突然ですが、私は「ルパン三世」を尊敬しています。
ルパン三世を知っている方は多いかと思うのですが
チャラチャラしていて適当なことをしているように見えるルパンはとても愛嬌があって面白いですよね。
でも実は彼はとにかくピンチに強いんです。
なぜなら、彼は

「次に起こることを予測して周到な準備をしている」

からなのです。

次に起こることは誰にもわかりません。

例えばルパンが敵に襲われて逃げるときに
パラシュートを使ったり
ナイフを隠し持っていたり
抜け穴から脱出したりするのは
どんなことが起きても対応できるいろいろな準備を事前にしているからなのです。

仕事をするときにおいても次に何が起こるのか
ということを常に考えて準備を怠らないようにしておくことはとても大事です。

事前に準備をしておくことで何かあったときに、あたふたすることなく冷静に対応できるからです。

また、ルパンは次元大介や石川五エ門といった仲間がいます。
彼らはルパンがピンチのときに現れてサポートしてくれますよね。

次元や五右エ門もルパンと同じように事前準備が出来ていて冷静に対処することができます。
なぜでしょうか?

それは仲間意識が高いからなのです。
仲間のピンチは自分のピンチであることが分かっているのです。
もちろんルパンも仲間に信頼をおいています。

仕事においても仲間の助けが必要になる場面がたくさんあります。
そんなとき、信頼のおける相手ではないと信用して任せることが出来ません。
日ごろから仲間意識を高くして自分のことも相手のことも

「何が起きても大丈夫」

くらいの事前準備をしながら仕事に取り組んで
ルパンみたいに楽しく日々を過ごせて行けたらいいと思っています。