おはようございます。
今日はもしかしたら今後のためにあるかもしれない、そんなお話があります。ビジネスコミュニケーションを家族に応用せよ、といったものです。
突然ですが、奥さままたは旦那様、子供さんに八つ当たりされたことはありませんか。
なんでこんなことくらいで怒るんだ!なんて思ってしまうことありますよね。
むかむかしたまま出社してしまえば、もしかしたら仕事にも影響が出てしまうかもしれません。

そんな時はひとこと「ごめんね、次気を付けるね」と笑顔で言ってみてください。
簡単なようで、実はとっても難しいこの一言。
だと、思っていませんか。でも、皆さん毎日の業務で実はたくさん言っているんです。
例えば、ちょっとしたことで、相手をおもいやってこちらから謝る。そんな心優しき社員がたくさんいるからこそ、この会社は成り立っているんです。
それに、取引先とのトラブル時には、譲るべきところは誠意をもって謝罪していますよね。

それをぜひご家庭でも実践してみてください。
もしかしたら、心の中では「なんで自分が謝るんだ」と感じてしまうこともあると思います。
でも、いったん落ち着いてビジネスコミュニケーション、ビジネスコミュニケーション…と唱え、笑顔で伝えてみましょう。
案外それだけで解決できる問題がたくさんあるはずです。
私も、母によくわからず怒られた時は「ごめんごめん、今度はこうしないように気を付けていくね。とりあえず…これを片付けておけばいいのかな」
とさらっと受け流すようにしたら、なんだか住みやすくなりました。
それでは、今日もいちにちよろしくお願いします。