最近は猫をペットにしている人が少なくありませんが、猫といっても色々な種類があり、高い猫は40~50万円もします。
そして、ペットにする猫の人気ランキングでは、1位がスコティッシュ・フォールド、2位がマンチカン、3位がアメリカン・ショートヘアだそうです。

人気はともかく、知名度の点では「三毛猫」が圧倒的に高くなっています。
三毛猫はその名の通り、毛色が黒、茶、白の組み合わせになっているのが特徴です。

その三毛猫ですが、実は普段見かけている三毛猫は、まずメスと思って間違いがありません。
オスの三毛猫には滅多にお目にかかれません。

その理由は、遺伝子にあります。
猫の性染色体は人間と同じく、「X」と「Y」が一つずつで、「XY」の組み合わせならオス、「XX」ならばメスが生まれます。

そして、三毛猫に必須な黒や茶の毛を作る遺伝子は、メスの性別を決めるX染色体にしかありません。
さらに、1つの性染色体には1つの毛色と決まっているため、三毛猫になるためには茶、黒になるXの染色体を2つ持つ必要があります。

従って、XXの染色体を持つメスは、黒と茶の両方の毛色を得られますが、XYの染色体のオスは、黒か茶の毛色しかできず、白と合わせても2色のため、三毛にはなれません。

ところが、ごくまれに染色体の異常によって、「XXY」の染色体を持つオスの生まれることがあります。
このオス猫はX染色体を2つ持つために三毛猫になる可能性がありますが、その確率は3万匹に1匹程度でしかありません。

オスの三毛猫はその貴重さから、「幸運を招く猫」と言い伝えられています。