趣味というのは人それぞれいろいろなものを持っていると思います。
そして、それ自体が人生の楽しみとして感じられる人も多くいるでしょう。

しかし、趣味に没頭しすぎることは、仕事という面から見るとあまりよくない状況とも言えます。
趣味に没頭しすぎることで、仕事に影響が出てしまう可能性が考えられますから。

影響の仕方というのはいろいろなケースが考えられますが、例えばスポーツや運動に熱中しすぎた結果、体力を消耗し、翌日の仕事の能率が落ちるというケースが考えられます。
スポーツが趣味という人は世の中に多くいますから、実際にこのような状況になることは十分にありえるはずです。

それ以外でも何かしらの影響が仕事にもたらされる状況が考えられ、趣味が仕事にとっての懸念材料になってしまう可能性がありえます。
そして、問題はそのような状況になっていることに気付いていない場合があるということです。

したがって、知らない間に自分のプライベートの部分が仕事に悪影響をもたらしている可能性が考えられます。
私たちは仕事に対して責任を持つ必要がどうしてもあり、そのことは常に頭の中に入れておくべきでしょう。
だから、趣味を楽しむのはいいのですが、限度を意識しながら過ごしていくということも考えるべきではないでしょうか?

私は趣味だけに生きているわけではなく、仕事を任務として抱えている事実を認識しながら、これから毎日を過ごしていきたいです。
趣味と仕事をきちんと両立できるような状況を作っていくことを特に考えていきます。