「こんな仕事、なんで真面目にしなきゃいけないんだ。馬鹿々々しい。」、
というのを「斜に構える」といいます。
ところが調べてみると、改まった態度や身構えるという意味もあるそうで、
「斜に構えて堂々と臨む」などの言い回しも間違いではないと説く人もいます。

剣道の試合開始で見られる、正対時の中段の構えが語源としている説
(竹刀を持つ手は自分の腹辺りにあり、先端が上方に向いているので竹刀が斜めになっている)が多く、
それなら改まった態度が正しいように思えます。

しかしある説では、中段の構えで相手と正対することを、
剣道で斜に構えると表現する事はないと明言してもいます。

剣道の中段の構えは、実際の殺傷を目的とした剣術では正眼の構えといい、
攻防的にバランスが良いことから構えの基本とされるのがほとんどです。
しかし実際の仕合では、彼我の得意技と弱点により、
剣を正眼ではない位置つまり斜めの位置に構える場合もありました。

それは言わば基本から外れた事柄であるために、
正道ではない事柄を「斜に構える」と言い表すようになったのかもしれないとしています。
それにしても勝つための工夫の結果ですから、
いい加減なようすを表現する言葉としては当を得ていないと思えます。

と小理屈を捏ねても言葉は言ったもの勝ちで、本来とは違った意味で使われていても、
一般に普及してしまっている意味が正しいものになってしまいますから、それはまあ良いとしましょう。

でも仕事に関しては、普及していない方の意味で斜に構えて取り組みましょう。