大型株に比べると小型株は下げ続けています。

しかし、それを悲観してはいけません。なぜならば、小型株はアベのミクス初期段階から比べると2倍や3倍になった銘柄がごろごろあるからです。ですから、それらはすでに天井をつけて、元来の株価の位置まで戻る途中にあるのです。つまり、評価が上がりすぎた株価が業績に見合った株価に戻ろうとしているだけななのです。

しかし、一方大型株は小型株に比べるとそれほど下げていません。これは日銀による株の買い支えにより株価が保たれていることの現われです。ですから、時価総額の大きな大型株は比較的値崩れがなく、一方小型株もしくは超小型株においては下がっている銘柄が多いのです。

つまり、株価の上昇局面はすでに終わったのです。ですから、今含み損を抱えている株式が上がる確立は非常に低いのではないでしょうか。しかし、これは日本株のことでありアメリカ株については分かりません。

このような状態なので、私は大きく株価が下がった時に株式を購入し、株価が反発したところで株式を売却するといういわゆる短期トレードのみを行なうように心がけています。

ただ、株式ブログをやっている人はまだ、株価が上がると思っているのかどうかは分かりませんが、まだまだ株式をたくさん持っている人たちばかりです。それ以外の人は相場観など持ち合わせていなくてもお金さえあればすぐに参加できるIPO投資や株主優待クロス取引に明け暮れているようです。