連休が終わってしまうと多くの社会人は仕事に行きたくない病にかかってしまうようです。

仕事に行きたくなくなった原因というのは様々なことが複雑に絡み合った結果だと思いますが、それを一つ一つときほぐすことができれば本当の原因を探し当てることはできるかもしれません。
しかし、私の仕事に行きたくない原因の中で大きな部分を占めていたのは仕事がつまらなかったからです。

ただ、仕事とは金をもらうためだけにやっていると自分を納得させることによりそれを打開してしまうというやり方もとりあえずの方策としては「あり」ではないでしょうか。

多くの人たちがやっている仕事とは何かクリエイティビティがあるおもしろい仕事ではなく、本当になんのおもしろさもあるものではないかもしれません。

しかし、それを「つまらない」と考えるのではなく、「仕事とはこういうものだ。」と自分を納得させ、新しいこと、つまり、自分のやりたいことは仕事以外でやろうと思い、仕事を続けていくことも立派な生き方だとは思いませんか。

会社として副業を奨励しているのならば、アルバイトをするのもおもしろいかもしれません。学生のころまでは勉強ができた人が学習塾で数学を教えるというもの悪くない生き方だとは思いませんか。

会社という場所を自分の自己実現させるところにする必要は必ずしもないのです。つまり、私たちが自己実現をかなえる場所というのは会社以外であっても一向に構わないのです。