近年、「高齢者向け分譲マンション」の人気が急上昇しています。
シニア世代が、今後の生活環境を考えるうえでの選択肢の一つとなっているのが理由とされています。
「家族に迷惑を掛けられない。」、「現状の家の構造は老後に合わない。」、「まだ、老人ホームは早すぎる。」など、「老後の生活」を考えるのは当然のことですね。

高齢者向け分譲マンションの特徴は、老人ホームとは違い自由な生活環境を確保しつつ、医療や健康管理のサポートを受けることが出来るということです。
また、健康面でのサポートだけではありません。
食事面やマンション内環境も整えられているところが多く、大浴場や娯楽設備が豊富に考えられているところも魅力として見られているようです。
これらのサポートが可能となる背景には、近隣の医療機関との提携をはじめとして、それぞれの分野のプロが24時間体制で有人管理していることにあります。
また、決定的な違いは、分譲マンションということで入居者個人の資産になることです。

「老人ホーム(介護施設)の入居待ち」が問題視されたのはもう、随分前からのことです。自宅介護においては、家族(介護者)の負担や、それに伴った事故が度々起こってしまいます。
現在では、「資産運用と老後」という二つの観点で「高齢者分譲マンション」が有意義な選択肢として注目されるようになりました。

人生、折り返し年齢を過ぎた私も、今後の生活環境を真剣に考えて「高齢者マンション」を選択肢の一つに加えていきたいと考えています。