みなさんは電話をするとき緊張したことはありませんか?

私は小学生の頃時普段あまり話さない友達に連絡網を回すのにとても緊張しました。社会人になっても目上の方と電話するときや、お店や病院に予約の電話を入れるときに緊張してしまいます。

しかし、それを克服する超簡単な裏ワザがあるのをご存知ですか?それは、寝っ転がりながら電話をするとこなんです。
この体勢で電話をすることで、体の緊張がほどけてリラックスすることが出来ます。メンタル的にも自分は寝転がりながら話をしている面白さや優越感に気づき、普段より落ち着いて話すことが出来るのです。

じつはこの方法は、ジブリの映画にもなった「海が聴こえる」の小説に書いてあった内容で、私は中学生のときにそれを読みびっくりしました。そしてすぐにそれを実践してみて、あれ?いつもよりスムーズに電話が出来たようの気がするぞと思った経験があります。それ以来、連絡網を回すとき、病院の予約を電話で入れるときに実践しています。

しかし、注意点があります。みなさんお気づきの通り、会社では実践できませんね(笑)。会社内で寝転びながら電話をかけた日には一体どうなることやら……。最悪の場合クビを言い渡されてしまいます。また、メモだって取りずらいですよね。超簡単な裏ワザですが、仕事には完全不向きです…。

ですので、ぜひご自宅で挑戦してみてください!だまされたと思って一度やってみてください。ちょっとした術で生活の中で発生する緊張が緩和されるのはすごく良いことだと思います。