日本人の特性として、同調圧力に弱いというものが挙げられると思います。
同調圧力に弱いというのは、多くの人がやっていることや考えていることが正しいと思ってしまうことであり、知らない間にこういう価値観が頭の中に浮かんでいる人は多いのです。

したがって、「みんなやっている」とか、そういう話を聞いて、自分はそれをやっていないとなれば疎外感のようなものを覚えることになるのです。
この同調圧力に弱いという部分は、実はビジネスで十分に生かすことができる特徴と言えると思います。
特定の製品を使って、「これはうちの会社の人間だけじゃなくて、近所の人たちみんなに評判なんですよ」といった言葉を何気なく使うと良いでしょう。

あまり対象を広げない方が本当っぽく聞こえるので、社内の人間とか、近所の人たち、知り合いなどに限定して、「みんな」という表現を使うと良いです。
そういった人たちがこぞって良いと言っているならば、本当に良いものかもしれないと相手が思う可能性があります。

人間というのは大勢の人たちと同じ感覚であることに安心感を覚えるので、みんなが良いと言っているならば自分も良いと感じられるはずだと思いたいはずなのです。
だから、こういった言葉をさりげなく使うことで、相手の意識を同調圧力に従わせるような状況に持っていきやすいと言えます。
私は人間が抱えやすい、特に日本人に特徴的な心理をきちんと勉強して、それを応用して営業などにあたっていきたいと考えています。