皆さんおはようございます。今日はスポーツとファン、そして観客の関係について最近感じたことをご紹介したいと思います。

コロナウィルスの影響もあり、ようやくプロ野球が開幕しました。しかしながら当面は、観客の人数も限られた形で試合が進行することになります。今でこそ5000人の観客が入っていますが当初は無観客で試合が行われていました。

個人的には、メジャーリーグの野球の応援方式が大好きなので音を楽しむことで非常にテレビでチェックしていても楽しいと感じました。しかしながら選手にとってはどうでしょうか。実際に選手の言葉を聞いているとやはりファンがいないと張り合いがない、パフォーマンスのしようもないというのが正直なところです。

実際に、ファンがいてこそ張り合いがあるし、応援してくれるからこそ頑張れるというのが本音だと思います。逆に失敗をしたときでもファンの叱咤激励があるからこそ次には頑張ろうと思えるのがプロの精神状態だと言うこともよくわかりました。

私自身はテレビの前で野球応援することも、実際に球場で応援することも大好きです。可能であれば、周囲と喜びを共にし、ファンとか選手と一体となって野球を楽しむスタイルを早く取り戻したいと思います。

コロナウィルスの影響が収まるまで今少し、今の状態を楽しむことで乗り切っていきたいと思います。皆さんも好きなスポーツがあると思いますが一緒に応援できる日を楽しみにしています。 コロナウィルスの影響が収まるまで今少し、今の状態を楽しむことで乗り切っていきたいと思います。皆さんも好きなスポーツがあると思いますが一緒に応援できる日を楽しみにしています。