日本の景気が後退局面に入ったといわれている中でこれから株式市場に投資デビューしようと考えている社会人の方もいるかもしれません。

そのような人は今すぐに株式投資にデビューしたほうがいいのか、それとも今は投資はしないでただ、株価の動きをただ見ているだけにしたほうがいいのでしょうか。

私は、投資の才能がある人ならば、どんな相場だろうと立ち向かっていくことができるので、自分自身に自信のある人、つまり、株式投資でひと財産作ってやろうという風な考えを持っている人ならば、株価が下がろうが上がろうが関係なく、すぐに投資を始めた方がいいと思っています。

しかし、それ以外のただインデックスファンドを購入し続けて、いつまで経っても投資の素人でいたいという人は投資を始めるべきではないと思います。

そのような人は景気拡大期に投資を始める、もしくは不景気のどん底から投資をはじめるのがいいと思います。なぜならば、世界的にこれから景気が後退することが分かっていながら投資をするというのは、これか海が荒れるのが分かっているのにもかかわらず漁に出かけるのと同じだからです。

ですから、自分が凡人だということが分かっているのならがこれを肝に銘じなければなりません。しかし、どういうわけか私も含めた凡人はときとして、投資を始めてしまし、その投資で損を被ってしまいます。

つまり、投資の素人とは自分を自生できないで衝動的に投資に走ってしまう傾向があるので気をつけなければならないのです。