近年はキャッシュレス時代になっていますが、それでも日本人のクレジットカードの使用率は35%程度でしかありません。
クレジットカードだと、使い過ぎを心配する人が多いようです。

ただ、絶対にクレジットカードの方がお得になる場合があります。それは、海外に行った時の両替です。

「VISA」や「MasterCard」などのロゴの入っているクレジットカードであれば、海外のどこへ行っても利用できます。

例えば、アメリカへ旅行する場合は、日本円をドルに両替してからアメリカへ向かいます。ただ、アメリカでお金を使い過ぎたため、ドルの足りなくなる時があります。

その場合、現地で両替しますが、その際に手数料を取られます。その当時のレートや両替所で異なりますが、だいたい1ドルに対して2円から3円の手数料になっています。

仮に、1,000ドルに両替してもらうと、2,000円から3,000円がかかることになります。

そんな金額を払わなくても、ドルに交換できる方法があります。
それが、クレジットカードで「キャッシング」する方法です。
クレジットカードを使って、どこにでもあるATMから1,000ドルを借入れます。

現在のレートで言うと、1ドルは105円です。
1,000ドルだと10万5千円です。
その10万5千円に対する金利は18%です。

キャッシングの利息は日割り計算なので、10万5千円に対する1日の利息は約52円です。10日で返済すれば、たったの520円で済みます。

20日後に返済したとしても、1,040円にしかなりません。両替の2~3,000円より断然安いです。

海外旅行でのクレジットカードは必需品です。