犬を飼いたいけど毎日の散歩が面倒だとか、犬を飼い始めたのだけど、なかなか毎日散歩に行けなくて罪悪感がある、という方がいると思います。

実は小型犬や中型犬は、毎日散歩に行かなくても良い、というサイトがネット上に2つありました。
小型犬や中型犬は室内で遊ばせる程度で大丈夫なのだそうです。

人間も散歩やジョギングを毎日した方が健康に良いけど、していない人が多く、それでもみんな普通に生きているように、犬も散歩はした方が気分転換という意味では良いけど、必ず毎日しなければいけない程のものではないそうです。

ではなぜ「犬は毎日運動させなければいけない」という言説がまかり通っているのかというと、ドッグラン業者が儲けるためであったり、犬の散歩グッズを売りたい業者の策略なのだそうです。

また犬に毎日の散歩を習慣化してしまうと、飼い主が体調が悪い日や忙しい日など、どうしても外出できない時まで犬が散歩をねだり、毎日の生活が人間のペースではなく犬のペース中心に回って行く事になります。
そうなると、どっちが飼い主なのか分かりません。
飼い主の生活ペースに犬を合わせるためにも、散歩は飼い主がしたい時にするというペースの方が良いそうです。

それも散歩のための散歩と言うより、ちょっと買い物に行くついでとか、ちょっと郵便物を出しに行くついで、という感じで良いそうです。

犬の散歩が面倒になり、犬を捨てたという人も居るそうです。
また犬の散歩が出来ないから、中型犬や大型犬の保護犬がもらわれにくいという現状があるそうです。
しかし犬の散歩というのは実はそんなに神経質にしなくて良いという事をみんなが知れば、犬を捨てたり、保護犬がなかなかもらわれないという現状も変わって行くのではないでしょうか。