仕事を行う上で、メンタルの維持や仕事の効率化を考えることはとても大切です。どんなに能力が高くてもメンタルがボロボロになっていては、仕事も捗りません。雑念が生まれるようでは仕事のミスも増えてしまいます。仕事を効率よくやらなければ、日々の疲れも増えてしまいます。

今日は、そんなミスや疲れを少しでも減らせるようなお話をしたいと思います。

メンタルは気持ちの持ちようでどうにかなるとよく言います。これは本当だと思います。もし気になることがあっても、この仕事が終わるまでは考えない!と気持ちを切り替えることが大切です。誰かに自分のメンタルがボロボロになってしまった原因を聞いてもらうのも良いと思います。

また、外の景色を見たりして気分転換をすることも良いことです。仕事が忙しくなると、休憩を取っている暇がないとか休憩をとったら申し訳ない、と思ってしまいがちですが、むしろ休憩を取らないと作業効率は下がります。人間の集中力には限度があります。休む時はしっかり休んで働く時はしっかり働く、というオンオフを日常生活からおこなうことも仕事の効率化を図る上で大切なことだと思います。

仕事に疲れたときは、仕事がおわったら何をしたいか、好きなことを考えて頑張る気力を出すこともプラスに働きます。今夜何を食べたいか考えるだけでも構いません。仕事がおわったら自分にぜひご褒美をあげてください。そういう心構えで、大変だ思っていた仕事も少し前向きに考えることができます。

ぜひ試してみてください。