毎日何品目も料理を作るのに疲れている、という人も多いと思います。
実は雑穀ご飯・海草入り味噌汁・漬物だけで、完璧な栄養の献立になります。
タンパク質が足りないと思う場合は、さらにご飯に納豆をかけると、大豆は畑の肉と言われるくらいタンパク質が多いのでバランスが取れます。

お味噌や漬物は微生物がちゃんと働いている本物の味噌や漬物を選ぶ事がポイントです。

ご飯は白いご飯ではなく、雑穀ご飯です。
なぜかというと白米は一番栄養がある米ぬかの部分を取ってしまっているので、栄養的にはスカスカです。
雑穀は良質なタンパク質・鉄分・カルシウム・ビタミン・食物繊維などがバランスよく含まれているので、雑穀を白米に混ぜる事で栄養バランスが補えます。
また玄米も完全栄養食に近いと言われ、色々な栄養がバランスよく含まれているので、玄米もお勧めです。

しかし完全栄養食と言われる玄米でも足りない物がビタミンCやナトリウムなので、漬物と味噌汁でそれを補います。
漬物には美肌に良い酵素も沢山入っていますよ。

味噌汁に海藻を入れる理由は、食物繊維が豊富で、優れたミネラルバランスを持つからです。
特にワカメは、水溶性食物繊維のアルギン酸の働きによって、体内に蓄積されたナトリウムや有害物質を排出してくれます。

昔の人は一汁一菜で十分健康に生きていました。
実は少食の方が、体内の消化酵素を無駄に使わないので長生き出来るそうですよ。
料理を作る事に疲れているという方は、参考にしてください。