営業や商談など、他社の人間と会って話をし、ビジネスチャンスを得るような場というのは相手の印象を考えて行動することが非常に大切と言えます。
他人の印象を良くするためには、この日だけ特別という感じをさりげなくアピールすると良いです。

さりげなくというのがポイントで、大々的にアピールをしない方が良いということは覚えておきましょう。
例えば、「今日はネクタイを新調してきたんですよ」という一言を言うだけでも違います。
こういった一言はさりげなく言ったとしても、相手の頭の中には割と残りやすいのです。

今日のためにネクタイを新調したということは、自分と会うために?と考えてくれる可能性があります。
そうなれば、自分だから特別にそういったことをしてくれるのか?と思う可能性が高まり、結果的に相手の機嫌がよくなるのです。

相手の心情としては、ネクタイを新調する機会なんてそう多くないわけだから、今日このタイミングで新調をしたということに関して好印象を抱くわけです。
こういう部分をさりげなくアピールすると、無意識のうちに相手は自分に対して良い印象を持つようになり、その後の話がスムーズに進む可能性が高まります。

さりげなくアピールするからこそ、相手からすれば意図的にわざと言っているという印象にはならないと思うのです。
こういった部分はテクニックもある程度必要だと思いますけど、私はちょっとしたことで相手の印象を変えられるような、そういう技を少しでも身につけて仕事に取り組んでいきたいと考えています。