婚活しているのに、なかなか結婚できないという女性に朗報です。
ある有名な結婚コンサルタントの男性の話によると、どんなにブスでも、どんなに年を取っていても、料理のできる女性は不思議と結婚できるそうです。

そういえば、和田アキ子のものまねで有名なMr.シャチホコという芸人も、23歳年上の女芸人・みはると結婚しましたが、この女性は以前テレビで様々な玉ネギを使ったアイデア料理を披露していました。

実は30代の女性が結婚できる確率は10%以下だそうです。
これが40代になると、ますます下がります。

その結婚コンサルタントの人は、「女の子は料理教室に通わせて、基本の和食・洋食・中華料理とお菓子・パン作りを教えた方が、大学に行くより幸せになる」と言っています。

男性が結婚に求めている重要な事の1つに癒しと母性があります。
男性が疲れて家に帰って来た時、温かいご飯があると男性はホッとします。
しかし毎日、帰って来てもレンジでチンするだけの冷たい料理だと、男性は寂しくなって他の女性に走ってしまいます。

「食べる」という行為は生きる上で本能的な事なので、この部分を一緒に楽しめる相手だと、他の事が上手く行っていなくても結婚生活が続くそうです。
よく「結婚したければ男性の胃袋をつかめ」と言いますよね。
旦那さんの好きな料理を毎日作ってあげる事が、夫婦円満の秘訣です。

ちなみに、「あげまん」を見分ける基準の一つも「料理ができるかどうか」「料理が好きかどうか」だそうですので、男性は覚えておいてください。