社会人として生活していると大なり小なりミスを定期的にすると思います。
特にとがめられることもない小さなミスをするときもあれば、クリティカルな大きいミスをしてしまうこともあると思います。
ミスをした時にどうするかというのがその人で大きく変わると思います。

こういった事象に対する名言があります。
「人間の価値は、絶望的な敗北に直面したときに、いかにふるまうかにかかっている」という言葉です。
これはノーベル文学賞を受賞したアメリカのアーネストヘミングウェイが述べた言葉です。

この言葉の中にある絶望的な敗北というのはミスをしてしまったときということに置き換えられると思います。
ミスをしてしまうのは人間ですし仕方ないですが、ミスをしてしまった後にどうやってそのミスを補うかということが大事です。

自分一人で収集させることができる内容なのか、それとも誰かに頼らなければならないことなのか等あると思います。
この時にしてはいけないのは後ろ向きな決断です。
隠してしまおうとかそういったマイナスな発想をしてはいけません。

こういったときは前向きな決断をするのがいいです。
それによってプラスの発想が生まれ、行動する力が沸き上がってきます。

ミスや大きな障害にぶつかった時にはいかにふるまうかが重要となってきます。
ミスを犯してしまったことは仕方ありません。

過ぎたことにくよくよせずいかに持ち直すかを考えて前に進んでいくのが私の良いと思うふるまい方です。