男性でもスーパーやコンビニに行った時に、プリンやヨーグルトの売られている冷蔵ケースを見ることがあると思います。男性は見るだけで気付いていないかもしれませんが、パック売りになっているプリンは必ず3個、ヨーグルトは4個で売られています。

3個パックのプリンが初めて発売されたのは、1976年(昭和51年)の森永のプリンです。おやつのプリンが3個パックで販売された理由は、販売された年が影響しています。

1970年代の頃の家族構成は、お父さん・お母さん・子供2人という4人家族が全世帯の38%を占めていました。そして、現在とは違い、小さい子供のいるお母さんが会社勤めをするということはそれほど多くありませんでした。

当然、お父さんは仕事に出ているため、おやつの時間にプリンを食べるのは、お母さんと子供2人と想定したことで、3個パックで販売されました。

現在は家族構成が大きく変わり、子供のいない世帯が40%と一番多く、続いて一人っ子世帯が29%になっています。実は、家族構成が変わっても、一番売れているのは3個パックだそうです。

一方、プリンの理屈からすると、ヨーグルトの4個パックは矛盾します。ヨーグルトの4個パックにも当然、理由があります。

それは、ヨーグルトはおやつではなく健康食として、朝食に食べてもらうための商品だからです。従って、家族全員が食べる朝食は、両親と子供2人の分を足して4個パックとされました。

つまり、プリンは嗜好品、ヨーグルトは朝食用食品という目的の違いが数の違いになっています。