営業マンであれば多くの人が、人より契約をもらいたい!1番になりたい!早く一人前になりたい!と思うはずです。

私が、新人の頃1番初めに研修で教わった事は「サボるな」ということです。
サボりとはどうやら5つに分類されているらしく、
1.行動のサボり
2.練習のサボり
3.質問のサボり
4.反省のサボり
5.気持ちのサボり
だそうです。

1から4はなんとなくわかると思います。
喫茶店でお茶したり、契約を取れないのにロープレをしなかったり、わからないことをそのまま知ったかぶって、わかった気になってしまっていたり、まぁしょうがないかと結果に対して反省しなかったり。

と、まぁこう言った具合にです。
でも気持ちの部分だけは数字になって表れないし、相手に本当の意味で見せる事も難しいですし、結局サボっているかどうかはわからないわけですよ。
本人を除いては。

例えばクロージングの部分で、本当は言い切りをしなければいけない場面でお客様の顔色を伺ってしまい、お伺い口調で弱々しく聞いてみたり、反応が良いお客様の方ばかり話を振ってしまったり、自分にしかわからない部分なのでできているかどうかのジャッジはとても難しくなります。

だから、サボりは自分の中にあって、他人からは見えない部分だからこそ、自己管理がとても重要になってくるんですね。
そういうことを、1番最初の研修で受けられたのはラッキーだと思いますし、20年近くたった今でも忘れずに自分の中に刻まれているんだと思います。