人類の知恵は、大変に素晴らしいものがあり、日々、技術の進歩が目を見張っています。
私たちの現在の暮らしを見て感じるように、他分野に掛けてその成果が現れているのがわかります。

機械・製造部門はもちろん、電気・通信技術の進歩も大きく飛躍し、あっという間に携帯電話、スマートホンが世に広まり、今では当たり前の時代になりました。
さらに有線から無線の時代になったことで、ネットが広まり、世界中の情報が手に取るようにわかるようになりました。

私たちの生活の一部にもなっている「家電」にもこの変化があります。
箱に氷を入れて使用していた冷蔵庫も、今ではその容量も大きくなり、性能も多様に備えられています。
省エネ機能、自動温度調整機能や、水を入れるだけで氷ができる、製氷機能も今では当たり前のものになっています。

炊飯器もこれまでの機能は出尽くしたのか、今ではおいしく炊けるという、仕上がり状態を重視した炊飯器が人気を出しているようです。
自宅で作れる「ホームベーカリー」や、梅雨時に助かる「乾燥機付き洗濯機」、主婦も大助かりの「食器洗浄機」、さらに、テレビが薄型になり、その映し出される映像が驚きの鮮明さを出していることです。

家電について一番の驚きは、新発売されたと思えばすぐに、次の新作が出てくることだと思います。
箱に氷を入れて「冷蔵庫」として使っていた当時の人々が、タイムマシーンで現代に来たならば、腰をぬかし、妖術とか魔法と騒ぎたてるのが目に浮かびます。

家庭内だけではく「3Dプリンター」の普及で、2次元から3次元に表現が変わったことで、医療分野や、建築・製造分野で大きな成果が現れているのは、ご存じかと思います。
2次元で表せられなかった部分が、3次元(立体)にすることで細部の形状や構造が確認できるようになり、さまざまな分野での発展に大きく関わってくるでしょう。

これらの他にも、他分野にかけて技術の進歩や研究が行われています。
技術進歩や科学の発展は、人類が存続しているかぎり永遠に続くと思います。