よく言いますよね。安心と安全をお届けしますって言葉。

そういう言葉を耳にするたび、どうも説得力がないなって思うんですよね。

なぜかって言うと、どう安心で安全なのかがわからないからです。

そこで僕らがどういうものに対して安心や安全を感じるのか考えてみたんですよね。

例えば。飛行機があるとするじゃないですか。

この飛行機は安全です。

この言葉を聞いてみなさんは安心できますか?

私はこの段階ではまだできません。

ではなにが必要なのか。根拠です。

例えば最新式の救命具をつんでいます。事故の際はこのような対応です、といった具体性。これが示されてようやく僕たちは安心できます。

他に必要な要素として挙げるのであれば、数字ではないでしょうか。

例えばこの飛行機は40年間事故ゼロです。パイロットも経験年数が○○年以上を採用しています。

どうですか? そんな飛行機なら安心して乗ろうと思いません?

でもこれって私たちの他人からの信用も同じことが言えるんです。

私たちが安心できる人間かどうか。これには根拠が必要なんです。

仕事上任せても安全だと思ってもらうには、それだけの成功を積んできたという過去が必要です。

人間として愚痴を聞いてもらっても安全な人だと思ってもらうには、それだけ人の話を聞いていて、誰かに秘密を漏らしたことがないという過去が必要です。

それって他人から与えられるものではありません。自分で培っていくものです。

私も自分に安心してもらえるように、人として大切なこと。基本を守っていくことで根拠を作っていきたいですね。