4月になり、当社にも新入社員が入社しました。

この季節になると、自分が新入社員だった頃を思い出します。

学校を卒業したばかりで、アルバイトの経験はあるものの、社会人としての知識はほとんどなかった私に、指導役の先輩は、本当に根気よく仕事を教えてくれました。

若さゆえに反発することも多く、素直に先輩の話を聞けなかったこともあります。

また、理解したつもりで業務を独断で進めてしまい、終盤になって方向性の違いやミスが発覚したこともありました。
そんな時先輩は、私を見捨てることなく、最後まで仕事に付き合ってくれました。

遅くまで残って仕事の修正に付き合ってくれ、自身の経験則を交えてどうしたらいいかを説明してくれました。
無事に自分が担当したプロジェクトが完了した時に、一緒に乾杯したことは、忘れられない思い出です。

本当にかわいげのない新入社員でしたが、思い返せば先輩は、どんな時も私の話をしっかりと聞いてくれ、ミスや失敗をした時も、頭ごなしに叱ることが無かった様に思います。

ある時、先輩に、どうしてこんなに親身になって仕事を教えてくれるのかと尋ねた事がありました。
その先輩は、「後輩を育てる事は、結果として自分の成長に繋がるんだよ。それに、新入社員の君を見ていて、初心に帰ることも出来るし、若くて新しい感覚など、見習うことも沢さんあるからね。」と言ったのです。

この先輩の言葉を思い出し、私も先輩として、「共に育つ」意識をもって、新人の育成に当たっていかなければ、と、改めて思いました。

これから私たちの下にも新しい仲間が配属され、OJTがスタートします。
自分の新人時代を思い出して、後輩の育成に当たって行きこうと思いました。