安全を考えた時、思い浮かぶのは車を運転している時です。

高齢者ドライバーが多くなり、自分がいくら気を付けていても巻き込まれてしまう恐れがあるからです。

どうしたら事故は防げるのか?と考えた時、譲り合う精神が必要になります。

人間はミスをする生き物ですが、どうしたらミスを少なくするか?考えることが安全に繋がります。

誰にでも起きるヒューマンエラーは300ですが、ヒヤリハットになると29になります。

ぶつかりそうになった確率ですが、ここまで来ると運が良かったと思うしかありません。

ヒューマンエラー300に対して、事故は1なので誰にでも起きることを考えて欲しいものです。

事故を起こした場合、何もかもが狂い出してしまいます。

身体の不調で休業しなければならない事態が起きて、生活も苦しくなります。

なぜ?事故が起きてしまったのかは、安全意識が足りなかったらだと思います。

平和な家庭に起きてしまった事故は、誰を責めることもできず、つまらない人生になってしまいます。

安全は現場仕事や工場でも起きるので、すべてに優先します。

仕事を早く処理することよりも安全を心掛けて欲しいものです。

工場なら生産や品質よりも大事な安全が一位になると思います。

怪我をしてしまうと、その後の人生がガラッと変わってしまうので、まずは安全を優先させることです。

安全を優先に生きていれば、お互いにトラブルも無くなり生きやすい環境になると思います。

みなさんも安全を優先することに心掛けましょう。