安全な投資と存在するのでしょうか。

株式投資は常にリスクと隣りあわせなので、安全な投資先などないと思っている人は多いのかもしれません。確かにPERが100倍を超え、PBRも10倍を超えるようなイケイケどんどんの値上がりをみせる会社の株式をこれから購入するということはその投資は安全とは言い切れないかもしれません。

しかし、その投資が必ずしもうまくいかないわけではなく成功するかもしれません。このようないわゆる割高株に投資してさらに金融資産を増やしている人もいるので、そのような投資法で投資している人にとってはこれは安全な投資法なのです。

しかし、割高株に投資するというのは、その企業の成長性の限りが見えたときに投資家はいっせいに株価を投売りしてくるので、その投資はやはり万人にとって安全な投資とは言えないのです。

しかし、どういうわけか人間は株価が上がれば上がるとどその企業への投資熱は上がり、株価が下がれば下がるほどその企業への投資熱は下がっていきます。これはその企業の業績がいいとか悪いとかに関係なくそうなのです。

つまり、上がっている株式は上がりやすく、下がっている株式は下がりやすいのです。どうしてこのような傾向が現われるのかは私には分かりません。ただ、統計的に見てそのようなことはいえるので、多くの人はそれを利用して投資に役立てています。

このようなことからいえることは、投資とは統計的に見て正しいやり方をやればある程度のリターンを期待できるので、安全に資産運用しようと思ったのならば、バックテストをしなければならないのではないでしょうか。