仕事をする際には、未来がどうなりそうか?という想像力を上手く発揮できると、画期的な商品やサービスを作ることができます。
想像力というのはビジネスにおいて非常に重要な要素と言えるのです。

そして、この想像力というのは日ごろの生活の中における安全面に関しても重要な要素と言えます。
安全を確保しながら生活をするというのは、私たちが少なからず頭の中に抱いている意識だと言えますが、そのためにはいかに想像力を発揮するか?が重要ではないでしょうか?

つまり、安全が揺らぐかもしれない状況を先に想像できるか?どうかで安全を実際に確保できる、できないが決まってくるのです。
災害などが発生するときには特にそうで、事前の予測を超えるようなことが起きたときには、私たちはどうしようもないケースがありますが、その状況を予測できたら対処しやすいわけです。

想像力を発揮するには、そのための意識が絶対に必要で、常に想像力を働かせるべきであるという考えが頭の中にないといけません。
逆にそういった考えが頭にあると、想像力は無限に発揮されやすくなる可能性があるのです。

多くの人は道を歩くときに前や左右のことは気にするかもしれませんが、例えば自分の上をいちいち気にしている人は少ないでしょう。
ただ、上から何かが落ちてくるかもしれませんし、仮にそういうことがあったときには上への意識があれば、それを避けやすくなります。
私は実際、工事中の現場の近くを通るときには上から何かが落ちてくるかもしれないと、自分の上に対する意識を働かせていますが、そういう想像力は安全に生活するために必要なことだと思っていますし、これからも続けていきたいです。