新しい環境に入った時など初対面の人と会うことはあると思います。
そんな時に何となくこの人とは合わないかもしれないなと思ったことが誰しも一度はあると思います。

人は見た目やしぐさ、最初の発言など踏み入ったことのない相手に対して、一定の評価を下して印象を決め打ちすることがあります。
しかしそういった先入観で相手を判断すると、相手の本来持ついい部分などが中々目につきにくくなってしまいます。
人はいい部分よりも悪い部分が特に目についてしまうからです。

例えば初対面の相手の挨拶があまり受けが良くなかったとします。
そこでその人の評価をあまりいい人ではないと決め打ちしてしまったとしましょう。

そこで自分を改めてみることが必要です。
ああいう挨拶はよくないな、自分は同じ風に挨拶していないだろうかと顧みることができます。
もし自分が同じようにしていた場合、自分も誰かに悪い印象を与えてしまっている可能性があるのです。

そして悪い面だけでなく誰かにされてうれしかったこともあると思います。
例えば仕事に困っているときに、何か悩んでる?とさっと声をかけて解決に導いてくれたら誰でもうれしいと思います。
そういったされてうれしいことを自分は誰かにできているのか。

このように視点を変えてみることによって、その人のいいところを吸収して、悪いところは自分も同じなら改善することができます。
そのような意識を持つことで自然と良い方向へ向かうと思います。

人は私を映す鏡と心がけて生活していきたいです。