仕事をしている際、様々なプロジェクトを任されることがありますよね。自分のスキルで達成できるのか不安になってしまうケースも多々あると思います。

そういうとき、こんな言葉を使っていたりしませんか。

「役不足かもしれませんが、精一杯頑張ります」。

実はこのときの”役不足”というワード、間違った使い方をしているんです。この一文だと、聞いた相手が”役不足”の本当の意味を知っている場合「私の能力よりも劣っている案件ですが精一杯頑張ります」という意味にとられてしまいます。

つまり、本来の”役不足”の意味とは”与えられた役割が自分の実力よりも軽いこと”なんです。我々は逆の、”与えられた役割が自分の実力よりも重いこと”の意味があると思ってこの言葉を使ってしまいがちですよね。

私もつい最近指摘されるまでこの用法で使っていました。恐縮した態度を見せながらも堂々と「私には易しすぎるプロジェクトだ!」と言ってしまっていたかと思うと恥ずかしくて堪りません。

皆さんもそんな覚えがありませんか。

でも大丈夫です。今度からそういった謙遜の意味でこういった発言をしたい場合に最適な言葉があります。

分かる方はいますか。

それは”力不足”という言葉です。これもよく聞いたことがあるワードですよね。

こちらの意味は”与えられた役割が自分の実力よりも重いこと”なので、謙遜したかったり重責を感じていると伝えたいときにはぴったりの言葉です。

”役不足”と”力不足”は類語だと思っていたのに、実は反対語だったんですね。日本語とは難しいものです。

ちゃんと知っておけば仕事先で恥ずかしい思いをすることもないので、皆さんもマナーとして正しい”役不足”の使い方でこれからも仕事を頑張っていきましょう。