即行という言葉をご存知でしょうか。
即行とは気づいた時に間を置かずにその物事をすぐに行うことです。
この即行は仕事を進めていくうえで非常に大事で、成功するために欠かせない要因ともいわれています。

この仕事終わらせといてねと上司などに言われることはあると思います。
仕事はおおむね複数を同時並行で進めますから、自分で仕事の優先順位をつけて進めていくことになります。

そんな中とあるタイミングであの仕事もう終わったといわれることがあります。
私はたまにやりそびれることがあり、慌てて作業しなくてはいけないということがありました。

急いで仕上げたものの上司が予定していたタイミングには終わっていないということになり、仕事が遅れているという印象を与えてしまいました。
無事に仕事を終えることはできたものの、言われたときにすぐにやればよかったと思いました。

そして依頼されたタイミングでその仕事の優先度を聞いておかなかったことでその仕事をどの程度の日数で終えるべきなのかを把握し漏れていたのです。
まだ先のことだからあとでいいやと考えてしまったり早くやるの大変だからと作業が億劫になったりすることはあると思います。
そんな時に先でいいやと後回しにしてはいけないのです。

そんな時には即行を思い出してすぐにやることを心がけます。
すぐにやらなければチャンスを逃すこともあるかもしれません。
気づいた時に行動をするのがベストタイミングだと心得て行動したいものです。